最近見たアニメ

CrunchyrollとHuluが快適なので、思わず一杯見た。最近全然アニメ見てなかった。

  • 好きっていいなよ。
    • ニヤニヤ
    • めい一択
  • クロスゲーム
    • 青葉最高
    • 青葉最高
    • 最終話2回見た
  • 化物語
    • ひたぎ様
  • 偽物語
    • ひたぎ様の活躍が少なくて不満
  • ef - a tale of melodies
    • memoriesの方しか見て無かったので全てが繋がって納得
    • 泣いた
  • ココロコネクト
    • 考えさせられた
    • いなばん一択
  • TARI TARI
    • 清々しい気持ち
    • ちょっと泣いた
    • 和奏と紗羽で迷う
  • 花咲くいろは
    • 清々しい気持ち
    • みんち一択
  • ソードアート・オンライン
    • 引きこまれた
    • アスナ一択

どうでもいいこと

女性2人がエレベーターで会話してた。

 

女A「さっきの嵐みたー?すごかったよねー」

女B「みてないー」

 

俺「(芸能人の嵐か、それともさっきのゲリラ豪雨のことか?見るって動詞を使うってことは芸能人の方かな。。。)」

 

女A「すごかったよ、ドラマの、、、

 

俺「(やった、当たった!)」

 

女A「シーンみたいに雨が横に降ってた!」

 

俺「(な、なんだってー!)」

 

人の話は最後まで聞かないと分からない、という教訓でしたまる

お腹

ほぼ回復してかなり楽になった。

あの状況では、ほとんど仕事できんわ。。。

腹痛ひどい

いつもお腹痛いんですが、今回は相当ひどいですね。

夜痛くなる→夜中5,6回トイレ→寝る→お腹痛くて起きる→トイレ→寝る→トイレ→出社途中トイレ→出社→トイレ→ミーティング→トイレ→ミーティング→トイレ→...→早く帰る→トイレ→ひたすら寝る→痛いから起きる→トイレ→...→寝る→起きる→トイレ→病院→トイレ→出社途中トイレ→出社→トイレ→ミーティング→トイレ→ミーティング→トイレ→...

起きてる時間の1/3くらいはトイレにいる気がしますし、そもそもそれ以外の時間おなかが痛いから休まらない。ぐぬぬ、、、しんどい。。。

 

DBIx::QueryLog + Fluent::Logger

全く需要とかは分かってませんが、簡単だったのでモジュールにしてみました。

https://github.com/riywo/DBIx-QueryLog-Fluent

使い方は簡単で、useしてあげるだけでFluent::Loggerのデフォルト設定なloggerを作って投げてます。loggerというメソッド呼べばそれに応じたオブジェクト作ってくれます。

いろんな技術知りたい

web系はおもしろいし動きも速いから追いかけてるだけでヒャッハーしてる人も多いと思うけど、僕は他の業界も知りたいなぁ。

例えば業務系とか基幹系、組込み系の技術を知りたい。具体的にどういうのがあるのか正直よく分かってないけど、例えば流通のバックエンドとか、銀行とか、キャリアとか、医療とか、航空機とか、軍とか。同じプログラマ・エンジニアとして勉強になる部分は多々あるとおもう。デブサミってそういう意味で普段あまり交流のない業界の方達の話を聞けて僕は幸せ。

「webこそが最先端で俺たちかっこいー、SIとか受託ファ◯クフ◯ック」って連呼するのは勝手にやればいいと思うけど、そんな暇あったらなんか勉強した方がいんじゃない?

朝生で若い人論見てたけど結構おもしろかった

なかなか面白かった。会場の若者の「このままでいいじゃん、幸せなんだし」に対して、「いや、このまんまじゃその幸せ維持できないよ」って、言われなきゃわかんないもんなんだね。

外国語に対する取り組みは本当に日本は危機的だと思う。最近の子ども達は違うのかもしれないけど、今の20代くらいの日本人が一般的に受けてきた教育では、まぁ他の国の若者とは戦えないだろうなぁと思う。だって英語しゃべれない人ばっかりだもん。

んで、じゃあもうとにかく競争にして上を伸ばしまくればいいのかってのは確かに気になるところで、東さんが面白いこと言ってた。

強い人をもっと強くするのは確かに大事なんだけど、それができた時にちゃんと弱い人も救われるよね、って話をしないといけない。多分数としては弱い人の方が多いから敵に回すと大変だし。

ただ、その説明の方法はもう一方向あって、弱い人が救われるために強い社会にしなきゃいけないんだ、って言い方もできる。どっちを取るかはホント単にプレゼンテーションの手法の問題で、前者を取ると「何で先に強い人だけ救われるんだよ」と反発されるだろうし、後者を取ると強い人のモチベーションが下がる。

この構造は結構一般化できる気はして、結果としてうまくいったならどちらのタイプも良くなるから、どっちの人も本当はやりたいんだけど、説明の仕方によって受ける印象が変わってしまう。下手すると戦争になる。リーダーとかマネージャってのはこのプレゼンテーションをTPOで使い分けないといけないんだろうなぁと思った。

僕は割と前者の説明をしがちなんだけど、場合によって後者も使える様になろうと思った。どういう場面でどういう説明がいいのかはまだよくわからんけど。

という辺りをメモっておきたかった。